口切が終わり・・・

 ごきげんよう・・・

11月になり、茶壺の口を切り、開炉  
もう月の半分以上過ぎてしまいました

自分のお稽古は、壺荘付花月初回は紐結びの心づもりなく、パス
自分への戒めに(?)自宅で壺の紐を結びました^_^;
クリックで挿入

一週開いてのお稽古、四ヶ伝のつもりで伺うと・・・
今回も壺荘だって苦笑

前回パスの本人に視線が集中ですよね・・・私がやるしかないですよね
おお、古株としてお恥ずかしい醜態となりました(>_<)
日々研鑽、手抜き気を抜いてはダメだぁ〜〜〜と、反省した一日でした。

8月の茶道誌「淡交」に大先生の庄司宗文先生が、明治村でお茶会をされた記事が載っていました。
庄司ご兄弟、長男の達先生は造形作家さん、三男の信洲先生は華道嵯峨御流、太虚先生の後を継いでおられます。
12月には観光ですが、大覚寺を訪れます。嵯峨御流に入門した際に、写経を収めました。
大沢の池を拝見してまいります。

我が社中は12月1日に忘年会です♪日頃、曜日の違うお弟子さん同士の交流の場です。
お茶室を出て、思い切り(?)楽しみましょう

ランキングに参加しています。よろしかったら下の画像をクリックしてくださいませm(__)m

posted by: 宗薫 | 茶道 | 09:52 | - | - | - | - |

「愛治庵」お茶会

 皆さまおはようございます♪

またまた、ご無沙汰してしまいました

中置の季節も終盤となり、もう今週は炉開きです。
お茶壺の口を切り、お茶の世界でいうお正月(?)です。
「ずいずいずっころばし・・・」以前にも書きましたが、調べてみてください!

さて、昨日(10月28日)は、山野美容短大に移築された、裏千家東京道場での淡交会第八西支部主催のお茶会に参加させていただきました。

参考画像・・・http://www.kajima.co.jp/tech/traditional/ex/ex2_05/index.html

雨の中、大勢のご参加だったようです。
我々は、早くに出向き幸いなことに第一席目に入れていただくことができました。

最初に案内いただいたお席は薄茶席、中置の設えでした。
細水指の中に、利休百首が書かれており、下世話ながらどうやって書いたのか気になったしだいです(笑)

二席目が濃茶席、包帛紗のご用意でした。
ここでは、席入りが整わず、途中ギュウギュウ詰めで末客のお席が空いていたので、お弟子さんを置き去りにし(笑)移動しました。
不安だらけのお弟子さん、お菓子をとるのに大丈夫だろうか、古帛紗つきのお茶碗での濃茶、どう手渡しするか・・・と案じながら自分ではお菓子を畳に落とすという・・・wwお恥ずかしい失態です(>_<)
幸い、お客様のお席でお弟子さんを叱咤されている先生がいらっしゃり、皆さんそちらに注意がいっていたようなので、お気づきの方は少なかったかと・・・

立礼席は、気楽でした。
気楽ではありましたが、お道具のお話がなく残念^_^;
前のお席の薄茶には折れた茶筅の先が入っていたようで・・・

満足のいくお招きは、本当に大変なことと感じました。

いずれも結構なお道具(一つずつご案内できませんが)、そして美味しいお茶をいただき、10時半にはお点心席にいたという、ラッキーなお席回りでした。

午後からの雨の予報はその通りでしたが、覚悟のことでしたので不便はありませんでした。
それよりも、普段一般の方は入ることが難しい、貴重な東京道場、二部屋続きにするのには、畳と敷居の工夫があることを、以前の見学会で伺っており、再びお茶会にて訪れることができたことは幸いでした。

来週からは、炉のお稽古が始まります我が家も炉を開かないと(^_-)-☆

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願いいたします(*^_^*)


人気ブログランキングへ
posted by: 宗薫 | 茶道 | 09:56 | - | - | - | - |

濃茶付き花月

 10月に入り、三分の一過ぎてしまいました。
不安定なお天気が続き、やっと落ち着いてすがすがしい陽気となってきましたね
マンションは、外気よりも、室内の方が暑かったりします(>_<)

10月一週目は、中置濃茶点前でした。
気温が下がり始め、お客様に火が近づいてきます。
研究会では、五行棚をお勉強してまいりました。

床: 「水急不流月」(みずきゅうにしてつきをながさず)
   ※水の流れが急でも、見ずに映る月影は流れ去ることはない(あわただしい日常でも真理は変わらない)
とかく、世間に流されがちですが、自分のスタンスは地に足を着けて揺らぐことのない信念を持ちたいものです。

茶花:藤袴・萱

点前:濃茶付き花月

人数が集まらないとお稽古できない、七事式です。
久しぶりなので、新人さんも含め基本の花月をお稽古していただきました。

自宅稽古は、四ヶ伝「唐物」です。
初歩の方は、薄茶平点前、柄杓の扱いをしっかりとお稽古してまいりましょう。

そして、許状中級のうち、行之行台子および大円草を取得されている方は、来年より少しずつ進んで行きたいと思います

今月28日には、淡交会西八支部のお茶会が、山野短大「愛治庵」にて開催されます。
我々社中は、午前の部に参加させていただきます。当日はとても早い時間の集合となりますが、貴重な会場でのお茶会ゆえ、心して参りますよ
posted by: 宗薫 | 茶道 | 19:13 | - | - | - | - |